水無月の和菓子

和菓子の水無月って知ってますか??

6月30日は水無月を食べる日と言われているのです。

京都では1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われるそう。

この「夏越祓」に用いられるのが、6月の和菓子の代表ともいうべき「水無月」。

水無月は白のういろう生地に小豆をのせ、三角形に包丁された菓子で、それぞれに意味がこめられているのです。

水無月の上部にある小豆は悪魔払いの意味があり、三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれいるそうですよ。


そんな水無月を電子レンジでお手軽に作ってみました。


もちもちういろう生地で、甘納豆の甘さもちょうどよくて、お茶と一緒に飲みたい感じです。

nico nico time

可愛い!楽しい!美味しい!のデコ和菓子教室 身体に優しいナチュラルスイーツ教室

0コメント

  • 1000 / 1000